「 投稿者アーカイブ:SHENGang 」 一覧

武道としての太極拳はいかに使うか

 太極拳を武道にするべきかしないべきかの問題を論じること自体が非常に時間が勿体無くて、今日の様々な太極拳で当たり前のように健康は第一に主張していますが、武道だっと言っているのが全部の太極拳ではないこと …

何度も言及する感覚と言う言葉

  同じテーマーを何度も話すと実は結構難しいもので、当然のように重なってしまうこともかなり多くなります。でも、人にものを教えている以上、質問があれば何度も答えることが私達の責務であることを思うと、何度 …

人間(第十六章)

 「君子和而不同、小人同而不和」と言う言葉は日本でもかなり尊敬されている中国儒教の代表人物である孔子が申した言葉です。近代社会学や人間学の観点からみるとこれは古代中国という狭い範囲にしか通じないもので …

金庸小説による人物像

 日本ではかなりの方々が金庸小説を読まれていることが最近になってしりましたが、というよりも最近になって私が自分の太極拳というものを解凍したばかりですので、日本の武術界隈の様々な事情は中々知ることが不可 …

何故、秘伝を教えたくないのでしょうか

  私の青春時代当たりの中国では改革開放のはじまりも手伝って武侠小説はかなり流行っていましたね。そして、太極拳は少林拳法の天敵であることで、若者が推手の練習をしていることが各公園で溢れていました。そし …

以心行気と以気行心

  昨日の四方山な話の最後の結論として取り上げられたにが太極拳によって私達の脳も変わることでした。それは当然のようにごく普通に生活をしていれば人間のそれぞれの脳は日々取り込んでいる仕事や学習によって違 …

古典哲学と近代社会

 両者はまったく関係ないと言ったらそうですが、人間の成長プロセスから見ると性格的に成熟すればする程、余計かつ無駄な振る舞いが少なく、例え近代社会の最先端科学の分野であっても、トップレベルの技術者の皆様 …

呉鑑泉物語

 先代呉鑑泉氏は数多くの伝説を残していますが、最近では呉鑑泉の伝記のような「四方山」を書いて欲しいとのご要望があり、それに答えるべく私が呉英華師より伺ったことで、他流派に悪い影響が及ばない限りのことを …

太極拳とまったく関係ない話し

 本日は中国文化革命の時の漫才のような話しをしてみたいです。世の中はストレスだらけで毎日のように難しい文書を読むと結構疲れますね。本日は現在の北朝鮮よりも酷い文化革命時の中国の笑い話を私なりに思い出し …

人体の軟らかさ

 この話題は以前も似たようなテーマで書かせて頂いたことがありますが、近頃、多くの方より御身の硬さについての相談が多数寄せられており、中には実際に私の研究会に入会希望者も多く、おっしゃったお体の硬さにつ …

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による東京・恵比寿の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします